カテゴリ:LE( 3 )

Evening

It's a beautiful day in the 1950's as Ann Grand and her good friend Buddy Wittenborn pull up to his family's palatial, ocean-side summer house. Buddy's sister Lila, who is also a friend of Ann's from their New York college days, is getting married. And with the house decked out for a wedding, and Buddy and Lila's rich relatives dressed as only the aristocratic can, Ann immediately feels out of place. Nonetheless, she attempts to make small talk with Mrs. Wittenborn, who is agonizing over the seating arrangements.


pull up → 「車を止める」
palatial → 「宮殿のような、豪華な」
ocean-side → 「海辺の」
deck out ... → 「……を飾り立てる」
aristocratic → 「上流階級の、上流社会の」
out of place → 「その場にそぐわない、不適切な」
nonetheless → 「それにもかかわらず、それでもやはり」
make small talk → 「世間話をする」


1950年代のある晴れた日、アン・グラントと彼女の親友、バディ・ウィッテンボーンは、彼の家族の持つ豪華な海沿いの避暑用別荘に車で乗りつける。バディの姉であり、またバディと同じくニューヨークでの大学時代からのアンの友人であるライラが、結婚しようとしている。結婚式のために飾り付けられた家と、上流社会の人々にしかできない装いをしたバディとライラの裕福な親族たちを目の当たりにして、アンはすぐに居心地が悪くなる。しかしそれでも、アンは(披露宴の)席順に頭を悩ませているウィッテンボーン夫人と世間話をしようと試みる。
[PR]
by scummy | 2008-02-19 15:32 | LE

Nightwatching

It's 1641, and the Dutch painter Rembrandt van Rijn is considered one of the best portrait artists in Amsterdam. His art has raised him from a working-class childhood to a respected and wealthy place in Dutch society, and he is married quite happily to Saskia, a cousin of his art dealer and patron. As Rembrandt is painting a nativity scene in his studio one day, with a gaggle of noisy men as his models, a somewhat tipsy Saskia arrives in the room, carrying in her arms the reason for both Rembrandt's nativity project and her own celebratory mood.


portrait artist → 「肖像画家」
working-class → 「労働者階級の」
art dealer → 「画商」
patron → 「パトロン、援護者」
nativity → 「出生」。ここでは「キリストの降誕」を指す
studio → 「(画家などの)仕事場、アトリエ」
gaggle → 「(騒々しく雑然とした)一団、群れ」
tipsy → 「ほろ酔いの」
celebratory → 「お祝いの」


1641年、オランダ人の画家レンブラント・ファン・レインは、アムステルダムで最高の肖像画家の1人と見なされている。彼の芸術は、彼を子供時代の労働者階級からオランダ社会において評判の高い裕福な地位へと押し上げてきた。そして彼は、自分の画商兼パトロンのいとこであるサスキアと、とても幸せな結婚生活を送っている。ある日、レンブラントが自分の仕事場で、騒がしい男たちの一団をモデルにキリスト降誕の場面を描いていると、幾分ほろ酔い加減のサスキアが、レンブラントのキリスト降誕のプロジェクトと、彼女自身の祝賀ムードとの、両方の理由(となっていること)を抱いて部屋に入ってくる。
[PR]
by scummy | 2008-01-09 17:22 | LE

Venus

 Maurice is an ageing actor living alone in a run-down London flat. He is moderately famous, but far from well-off, and these days the height of his day is a regular chit-chat with his somewhat senile friend, Ian. When Ian informs Maurice that his niece's daughter, Jessie, will be moving in as a kind of personal nurse, Maurice is mildly amused by the idea. He is also unfazed when, upon asking Jessie what she is doing in London, she proves to be a less than charming conversationalist.


ageing → 「年老いた」。agingのイギリス式のつづり
run-down → 「荒れ果てた」
flat → イギリス英語で「アパート」のこと
moderately → 「ほどほどに」
well-off → 「裕福な」
height → (通例theを伴って)「絶頂、極み」
chit-chat → 「気軽な会話、世間話」
senile → 「もうろくした、ぼけた」
unfazed → 「動じない、うろたえない」
less than ... → 「少しも……ない、……とはとても言えない」
conversationalist → 「話好きな人、話の面白い人」


 モーリスは、荒れ果てたロンドンのアパートで1人暮らしをする年老いた俳優である。彼はそこそこ有名だが、裕福とは程遠い。そして近ごろでは、彼の1日の最大の楽しみは、幾分もうろくした友人イアンとのいつものおしゃべりだ。イアンが、めいの娘ジェシーが私的な介護人のようなものとして(自分の所へ)引っ越してくるとモーリスに知らせると、モーリスはその考えを穏やかに面白がる。彼はまた、ロンドンで何をしているのかをジェシーに尋ね、彼女が魅力あふれる会話の名手とはとても言えないと分かった時も動じない。
[PR]
by scummy | 2007-10-31 18:22 | LE

memo


by scummy

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
日記
∟Archive
MANSUN (D)
BLUR
MANSUN
占い
memo
Last.fm
shoutbox
english
LE
interview
CNN
Level 1
Level 2
Level 3
FreeRice
CPE
CAE
FCE
MW
BBC
未分類

タグ

(343)
(128)
(109)
(106)
(89)
(74)
(48)
(27)
(21)
(19)
(17)
(14)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(2)

以前の記事

2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧